俺はなでしこ

 はてなダイアリーから、2018年12月に引越してきました

有休とりました

5月から(いや、4月からか)続く残業三昧も、今週になって少しだけ落ち着きました。今月は終電逃して3回くらいタクシーで帰ったけどね……それはひとまず措いて、気分を変えるためにも、今日は有休とりました。

思いのほか天気が晴れていたので、昼近くまで寝るつもりが、朝から洗濯機回して、布団も干してたわー。浴室の排水溝掃除と、台所のガスレンジ掃除もして、部屋に掃除機かけて、もう読まない本を片付けて、気がついたら13時過ぎ。

お昼は外で食べました。カフェ飯で、食後にカプチーノをいただきながら家計簿つけ。いったん帰宅して洗濯物を取り込み、16時から理髪。18時過ぎに美容院を出て、初めて行く洋菓子屋でケーキを買い、スーパーで食材を買って帰宅。台風3号が夜半に来るせいか、風が強い。たまに雨がパラつく。

家に着いたのは19時頃。夕飯前? それがどうした、私はこれからチーズスフレケーキを食べるんだい。夕飯はその後。ああ、ごはんを食べたら眠くなってきたなあ。たまった家事と私事をこなした1日でした。なかなか、まるっと休日にはならないものですな。

今年の枇杷

たまに雨がぱらつくけれど、昨日ほどは降ってません。いかにも梅雨の天気だなあ。

実家とはいえ、昼過ぎまで寝てしまいました。疲れてるのよスマンね。お昼は、母が「父の日だから」とお赤飯を炊いてくれました。いつも作らず、美味しくいただくほうでスミマセン。

おやつは、手土産に買ってきた錦玉羹。沢の清流をイメージした、夏らしい涼しげな和菓子です。思ったより甘かったなー。

母が庭の一画に作った家庭菜園コーナーで、食べ頃になったモロッコいんげんを収穫。ミニトマトも生り始めてました。庭があると、こういうことができていいよね。同じく、庭には枇杷(ビワ)の木があるのですが、ちょうど枇杷も今が季節。とはいえ、母いわく「今年のは、味がなくて……」試しにひとついただいてみたら、うん、確かに例年より薄味。というか味がないね。「たまに味が濃いのもあるんだけど」とのことで、モロッコいんげんと一緒に枇杷ももらって帰りました。親戚のおじさんが来て、やはり生り物(きゅうりとナス)をくれたから、それも少々分けてもらい、気がついたら帰りの荷物が重い!

夕飯は、歩いていける距離のイタリアンの店へ。久しぶりに食べたピザ、美味しかったなあ。

帰宅したら、大河「いだてん」第1部(金栗四三編)の最終回が始まってました。シマちゃん、やっぱり……。関東大震災の後、しんどいけれど、笑いやスポーツを通じて生きる力を取り戻そうとする、いいラストでした。来週からは第2部、東京オリンピック編で阿部サダヲが主役ですよ! 楽しみ。

父の日帰省

1週間遅れの父の日帰省です。

趣味の講座が終わってからの帰省で、実家に着いたのは夜の20時。遅めの夕飯(カレイの唐揚げをいただきました)のあと、年金2000万問題などを酒の肴、と言ったら語弊があるかしら、まあいいよね、とにかく世間話をしながら父と飲みました。

自主練と公演鑑賞

講座の先生方が属していらっしゃるグループの公演日なので、講座は舞踊も音楽もお休みです。でも、10月に舞踊クラスの講座生たちで自主公演を企画しているため、教室を借りて自主練!

昨年度に習った舞踊を、10月の自主公演で踊る予定なのですが、もうかなり忘れててヤバいワー。

さて、昼間は自主練、夜は先生方の公演を観に日暮里まで。面白い構成で、音楽も舞踊もじっくり楽しめました。帰りに、有志で飲み会(笑)。こちらも盛り上がりましたよ〜。

田辺聖子さん

ああもう、今日はびっくりした。

作家の田辺聖子さんが死去されていました。報道は今日だったけれど、2019年6月6日午後1時28分、お亡くなりになられたとか。享年91。

改めて昭和、平成が終わった感がします。田辺先生のように、酸いも甘いも噛みわけた上で、軽やかさを身につけられたらなあ。私はまだまだ、修行が足りません。

田辺先生の冥福をお祈り申し上げます。

www3.nhk.or.jp

www.asahi.com