俺はなでしこ

 はてなダイアリーから、2018年12月に引越してきました

参議院へGO!

参議院議場、議院席のボタン

この土日、「参議院開設60周年特別拝観」として、予約なしで参議院内部が見学できるというので、行ってみた。国会議事堂なんて、小学校の社会科見学以来。晴天なり。
混むのを避けて、午後をかなり回った15:30着。簡単な荷物検査をし、並んだのは10分程度で、すぐに入れた。自分を棚にあげて、天気のよい日曜に、国会を見にくるのはどういう層だろう……と思っていたら、ふつうですよ。ふつうの家族連れ、初老の夫婦、おばさま集団、新宿や渋谷にいそうなカップルなんかが、物見遊山で来てるのね。天皇来臨、議員初登院のときに使われる「中央階段」では、みんな携帯カメラでピロピロリ〜ン。衛士さんも気軽にシャッターを押してくれるし (フレンドリー)、ちょっとした撮影会みたい。
大臣室や御休所、議場などを見て回る。わりあい質素。昔の石造りの建物らしく、背の高い窓から、やわらかな陽の光がさしこんで拡散する。古い学校の、理科の実験室みたいな雰囲気。椅子やテーブルも、どこか小づくりで「昔の日本人て、ちっちゃかったのねえ」と思った。歌舞伎座の1等2等席、あるかないか、くらい。
冒頭の写真は、参議院議場の、議員席にある「賛成/反対/取消」ボタン。TVのバラエティ番組みたいね。
内部の様子などは、参議院HPの「参議院60周年」ページをご覧あれ。→http://www.sangiin.go.jp/japanese/san60/frameset/s60fset_02_04.htm

見学自体は、40分ちょいで見終わった。帰りは途中下車して、本屋とCD屋。阿部サダヲが表紙の雑誌「ピクトアップ」、このかわいらしさは異常。よーく見るとシワもあるんだけど、これで今年37歳ですよ。おそろしい!
CD「tick, tick, …BOOM!」購入。吉川徹氏による解説と、オリジナル・ライナー翻訳つき。